ホーム > 将棋 > A級順位戦リーグ最終局 将棋界の一番長い日 完全生中継 > 羽生名人インタビュー

将棋トップページ

  • 番組紹介
  • 銀河戦
  • 女流王将戦
  • 将棋スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

スタッフ募集

PASSIONチャンレンジャー募集

囲碁 twitter

将棋 twitter

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦


羽生名人インタビュー
森内俊之vs行方尚史
渡辺 明二冠vs久保利明九段
佐藤康光九段vs深浦康市九段三浦弘行九段vs阿久津主税八段A級順位戦 DATA FILE最終局のみどころ
スカパー!無料の日3/1まんがで順位戦早わかり

第69期~第72期まで4年連続羽生善治―森内俊之の
名人戦七番勝負でしたが、第69期から71期までは
七番勝負敗退という中で、名人に復位した前期は
心境の変化はありましたか?

 

それまで3年連続でずっと負けていたので、同じ轍を踏まないという気持ちで臨めればと思っていました。ただ、2日制・9時間の長丁場ですので、奇をてらうようなことをしてもそれが結果に結びつきにくい面はあります。なので、今までと同じ失敗は繰り返さないという気持ちを持ちながら、自然体で臨もうという気構えでいました。

羽生名人にとって、他のタイトル戦と比較しての名人戦とは?

 

名人戦は一番歴史の長い棋戦であり、江戸時代は家元の称号でもありました。実際の対局の長さについても、2日制・9時間で行っているのは名人戦だけであり、一番長いという意味で非常に伝統的な棋戦であると思います。

page1page2page3page4Next