ホーム > 囲碁

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

スタッフ募集

dTVチャンネル

amazon チャンネル

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第17回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦

パンダネット次の一手

囲碁トップページ

見どころ

第27期 竜星戦

番組イメージ 第27期 竜星戦

 Gブロック10回戦には六浦雄太七段が登場する。六浦七段は、昨年頭角を現した中部総本部所属の新星。10代にして一般棋戦で優勝した実績から第51回棋道賞新人賞を受賞した。竜星戦では、決勝トーナメント進出経験があり、早碁との相性は悪くない。今期、更なる活躍が期待される(2日)。
 Aブロック最終戦には芝野虎丸竜星が登場する。昨年、棋戦優勝やリーグ入りなど、大ブレイクを果たした芝野竜星。六浦七段と同じく第51回棋道賞新人賞を受賞した。次世代のタイトル候補と目されていて、目が離せない存在。攻めが強く、その上冷静な大局観を持ち合わせている芝野竜星は、今期どんな戦いを見せてくれるのか。前期覇者として臨む一戦に大注目だ(9日)。
 Cブロック最終戦には井山裕太棋聖が登場する。2度目の七冠制覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した井山棋聖。世界的に見てもトップクラスの実力を有し、数々の素晴らしい棋譜を残してきた。近年は早碁の成績も上がっており、本棋戦でも優勝候補の筆頭だ。今期も、その圧倒的な力で魅了してくれるに違いない(16日)。

囲碁スペシャル「第5回 グロービス杯 世界囲碁U-20」

番組イメージ 囲碁スペシャル「第5回 グロービス杯 世界囲碁U-20」

 第5回を迎え、定着してきた若手の国際棋戦「グロービス杯」の模様をお送りする。日本代表は六浦雄太七段、芝野虎丸七段、姚 智騰四段、藤沢里菜三段、大西竜平三段、関 航太郎初段の6名。第1回以来となる優勝に期待が持てるメンバーとなった。強敵となるのはやはり中国、韓国棋士。中でも、前大会覇者のシン・ジンソ八段に注目が集まる。他には、北米や欧州の選手による対局も興味深いところ。20歳未満の将来有望な選手たちの戦いをお見逃しなく。解説は一力 遼八段。      (6日午後8時~他放送)

囲碁スペシャル「第39回 世界アマチュア囲碁選手権戦」

 毎年恒例となっているアマチュアの世界大会が、今年は東京で開催された。全国大会を勝ち抜いて日本代表となった村上 深アマは、アマ棋戦で輝かしい実績を挙げているトッププレイヤーの一人。趙 治勲名誉名人門下でプロを目指していたこともあり、プロ顔負けの棋力を有している。そんな村上アマには、12年ぶりの日本代表による優勝の期待がかけられた。果たして結果は!? アジアや欧米など様々な国の選手が参加し、見どころ満載となった大会の模様をお送りする。
 (20日午後8時~他放送)