ホーム > 囲碁

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

dTVチャンネル

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦

パンダネット次の一手

囲碁トップページ

見どころ

第27期 竜星戦

番組イメージ 第27期 竜星戦

 Aブロック9回戦には鈴木伸二七段が登場する。鈴木七段は、早碁が得意で、特に竜星戦での活躍が目立つ。第22期から3期連続で決勝トーナメントに進出。前期は9連勝を挙げる快進撃で、存在感を示した。今期、大注目の一人だ(14日)。
 Bブロック9回戦には小林光一名誉棋聖が登場する。小林名誉棋聖は、竜星戦3回の優勝を含むタイトル獲得数60を記録しているレジェンドの一人。若手の台頭が著しい昨今、レジェンドの活躍に期待したい(16日)。 
 Cブロック9回戦には趙 治勲名誉名人が登場する。タイトル獲得数歴代1位で、一時代を築いた趙名誉名人。シノギの名手でもあるが、実利を取って壁を攻めるという厳しい発想も持っている。そして、ベテランになっても衰えを感じさせない活躍ぶりは目を見張るものがある。今期も趙名誉名人から目が離せない(21日)。
 Dブロック9回戦には大竹英雄名誉碁聖が登場する。大竹名誉碁聖は、数々の早碁棋戦で優勝した実績から「早碁の神様」の異名を持つ。また、華麗な打ち回しにも定評があり、本棋戦ではその辺りにも注目したい(23日)。

「記憶の一局」工藤紀夫特集

番組イメージ 「記憶の一局」工藤紀夫特集

 毎月一人のゲストを迎えて、思い出のエピソードトークや棋譜解説をお送りしている番組。5月は工藤紀夫九段が登場する。現在77歳の現役棋士である工藤九段は、37歳の時に初タイトルとなる王座位を獲得。そして、20年後には57歳で天元位を獲得するという偉業を達成し、中高年の星として話題を集めた。長い棋士生活を送ってきた工藤九段が選ぶ棋譜やエピソードをじっくりとお楽しみください。聞き手は人気の女流棋士・万波奈穂三段。
 (毎週金曜午後6時~他放送)

厳選棋譜解説

 厳選した棋譜を詳しく解説する「厳選棋譜解説」。今月も引き続き「第22回 LG杯朝鮮日報棋王戦」の中から好局をお届けする。LG杯朝鮮日報棋王戦は、世界の棋士が参加する国際棋戦で、ここ10年は中国と韓国の棋士が優勝を飾っている。そんな中、日本の井山裕太九段が、本戦で次々と強豪を打ち破り、決勝まで勝ち上がる活躍を見せた。国民栄誉賞受賞決定の話題も重なり、大注目を集めた井山九段の戦いぶりを振り返る。
 (毎週水曜午後6時~他放送)