ホーム > 将棋 >将棋コラム イゴショー記者から見た将棋界

将棋トップページ

  • 番組紹介
  • 銀河戦
  • 女流王将戦
  • 将棋スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

スタッフ募集

dTVチャンネル

amazon チャンネル

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第17回囲碁アマチュア竜星戦

第8回将棋アマチュア銀河戦

女流王将戦

いい番組見よう

2018.05.28

第34回 ネット将棋あれこれ

  昨今の将棋ブームの中で、新しく将棋を覚えた方も多いのではないでしょうか。 上達のためには、詰将棋・定跡の勉強・棋譜並べなど様々な方法がありますが、何といっても欠かせないのが実戦です。実戦をこなすには将棋道場に足を運ぶのがオススメですが、「初心者には敷居が高いのでは」と尻込みする方もいるかもしれません。現在は初心者教室も盛んになっており、実力問わず将棋道場で楽しめるようにはなっていますが、それでも不安な方は、まずはネット将棋で練習するのも一つの方法です。

将棋倶楽部24の対局画面。
シンプルゆえに見やすく、対局に集中するにはもってこい。
パソコン版は将棋盤のサイズを大きくできるため、目が悪い方でも安心して遊ぶことができる。

 「将棋倶楽部24」はネット将棋の老舗で、なんと20年前から続いているサービス。常時数百~数千人が接続しており、相手に困ることはまずないでしょう。八段~15級まで分かれており、レーティングシステムで段級が変動します。一番上のレベルはプロレベルで、渡辺明棋王や藤井聡太七段も利用していたのは有名な話。パソコン版は完全無料、スマートフォン版は1日1局までは無料(2局目以降は有料)です。チャット機能があるため、相手との合意があれば感想戦もできます。

将棋ウォーズの「棋神解析」。
AIが対局内容を添削してくれる。上達のサポートまでしてくれるのはこのアプリならでは。

 将棋アプリ「将棋ウォーズ」は、主にスマートフォンやタブレットで遊びます。コンピュータが自動で相手を決めてくれるため、やはり相手に困ることはありません。持ち時間設定に特徴があり、最長でも「10分切れ負け」と超早指し。ちょっとした空き時間に一局、というイメージでしょうか。またAIを前面に打ち出しており、部分的に「代指し」をしてもらえる機能もあります。さらに2016年には、対局内容をAIに添削してもらえる機能も追加されました(いずれも有料)。1日3対局までは無料、それ以降は有料になります。
 同じネット将棋でも、この二つはシステムが全く異なります。じっくり指したいときは「将棋倶楽部24」、サクッと指したいときは「将棋ウォーズ」という使い分けが良いでしょう。
 

「ステルス将棋」は、自分の駒の付近しか表示されない。こっそり飛車取りを狙うこともできそう!?

本将棋の息抜きに「ステルス将棋」という変則ネット将棋もあります。2017年12月にリリースされたばかりのアプリで、スマートフォン・タブレットで遊べます。「ステルス」の名の通り、相手の駒が見えません。一見、よくある「ついたて将棋」のようですが「自分の駒の付近だけは見えるようになる」のが新しいところ。これを利用して、捨て駒覚悟で敵陣に駒を打ち込み表示箇所を増やすなど、オリジナルの戦略を考えてみるのも楽しいかもしれません。この手の変則将棋には珍しく、反則時にはやり直しをさせてくれるのも親切です。基本的に無料ですが、課金することで動画広告を非表示にすることができます。今年4月には大会機能が新たに追加されるなど、現在進行形で発展を続けているアプリです。
 こうしてみると、今の時代は将棋を指す手段が非常に充実していると言えます。リアル対局でしか得られないものもありますが、気軽に楽しみたいのなら、まずはネット対局を試してみるのも良いでしょう。

『将棋倶楽部24(運営・日本将棋連盟)』https://www.shogidojo.net/
『将棋ウォーズ』(運営・HEROZ株式会社)https://shogiwars.heroz.jp/
『ステルス将棋』(運営・銀河ソフトウェア株式会社)https://twitter.com/stealthshogi

当コラムでは、皆様のご意見ご感想、取り上げてほしい題材などお待ちしております!お問い合わせメールフォームよりお送りください。
過去のコラムはこちら