ホーム > 囲碁 > 見どころ

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

スタッフ募集

囲碁 twitter

将棋 twitter

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第6回将棋アマチュア銀河戦

パンダネット次の一手

囲碁 見どころ

第26期 竜星戦

番組イメージ 第26期 竜星戦

 2日にHブロック最終戦が終了し、7日より決勝トーナメントが開幕する。井山裕太棋聖は本戦で既に敗れており、目下注目が集まるのは一力 遼竜星、余 正キ七段といった本棋戦で実績のある棋士だろう。
 一力竜星は今年も各棋戦で勝星を量産し、最多勝利賞に向け驀進中。2連覇の期待が高まる。そして、井山棋聖をブロック戦で破ったのが余七段だ。余七段はこの勝利を含め9連勝。関西棋院賞では2年連続で最優秀棋士賞を受賞し、すっかり関西棋院を代表する棋士へと成長を遂げている。
 そのほかで注目すべきは新時代を予感させる10代の3名、大西竜平二段、芝野虎丸三段、六浦雄太三段だ。他棋戦でも絶好調の彼らの快進撃がどこまで続くのか。3名の内、誰が優勝しても最年少記録となる。また、今期面白い存在なのが寺山 怜四段。Bブロック1勝ながら決勝トーナメントに進出するという幸運を手にした。NHK杯準優勝や若鯉戦優勝の実績があり、優勝のチャンスも十分ある。

囲碁スペシャル「第7回 フマキラー 囲碁マスターズカップ」

番組イメージ 囲碁スペシャル「第7回 フマキラー 囲碁マスターズカップ」

 50歳以上のタイトル経験者と予選通過者の合計16名により争われるトーナメント戦。趙 治勲名誉名人をはじめ、林 海峰名誉天元や大竹英雄名誉碁聖、二十四世本因坊秀芳、武宮正樹九段などのレジェンド棋士達の対局が見られる貴重な棋戦だ。昨年は小林光一名誉棋聖が優勝を飾り、タイトル獲得数を60に伸ばした。今年は一体どの棋士が活躍するのだろうか。そしてレジェンド達がどのような打ち回しを見せるのか非常に楽しみだ。番組では決勝戦の模様をたっぷりとお届けす
 (25日午後8時~他放送)

「記憶の一局」三谷哲也特集

 ゲスト棋士の思い出に残る棋譜を毎週1局取り上げ、様々なエピソードと共に丁寧に解説していく。司会の大沢摩耶さんとのトークでは普段見る事の出来ない一面が見られる。8月は三谷哲也七段をゲストに迎える。竜星戦や女流棋聖戦で解説を務めたこともある三谷七段。昨年は、初の本因坊リーグ入りを果たしている。そんな三谷七段はどのような棋譜を取り上げるのか。そして、実は面白い人柄という情報もあり、トークにも期待したい。