ホーム > 囲碁 > 見どころ

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

スタッフ募集

dTVチャンネル

amazon チャンネル

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第17回囲碁アマチュア竜星戦

第8回将棋アマチュア銀河戦

女流王将戦

パンダネット次の一手

囲碁 見どころ

第28期 竜星戦

番組イメージ 第28期 竜星戦

 Fブロック7回戦には三村智保九段が登場する。三村九段は新人王戦連覇やNHK杯優勝、リーグ入りなど長きにわたり活躍している実力者。また、こども囲碁道場の講師も務め、門下生からプロ入段者を輩出するなど育成でも実績を残している。早碁に強いイメージがあるベテランが、今期6回目の決勝トーナメント進出を目指す(3日)。
 Bブロック8回戦には今村俊也九段が登場する。関西棋院の重鎮・今村九段は、現代では数少なくなった厚み派の棋士。厚みを活用し終盤にかけてじわじわと追い込み、逆転するのが得意だ。本局でも今村九段らしい厚い碁形となるのか注目(17日)。
 Eブロック8回戦には山城 宏九段が登場する。山城九段は中部総本部の王冠戦で通算15期の優勝を誇り、七大タイトル戦の挑戦も幾度とある中部のトップ棋士。第22期以来、久しぶりとなる本戦出場でどんな碁を見せてくれるか楽しみだ(29日)。
 今月は他に、中野寛也九段(1日)、大垣雄作九段(8日)、松岡秀樹九段(10日)、石田篤司九段(15日)、彦坂直人九段(22日)、清成哲也九段(24日)が登場する。

(生放送)第1回 日中韓竜星戦

番組イメージ (生放送)第1回 日中韓竜星戦

 昨年まで開催していた日中竜星戦に、韓国棋士が参加することでより注目を集める国際棋戦に進化した「日中韓竜星戦」。日本からは、ねじり合いを得意とする力戦家の一力 遼竜星が出場する。2014年に行われた第1回グロービス杯世界囲碁U-20以来の国際棋戦優勝に期待がかかる。また、中国最強にして世界最強の呼び声高い柯潔(か・けつ)中国竜星、国際棋戦優勝経験のあるキム・ジソク韓国竜星のハイレベルな大局観、石運びにも注目だ。日中韓竜星位による3日間の激闘を生放送でお送りする。
 (11~13日午後6時~放送)

「記憶の一局」楊 嘉源特集

 様々な記憶を掘り起こすトークと棋譜解説でお楽しみ頂く番組。4月は楊 嘉源九段をゲストに迎える。台湾出身の楊九段はプロ棋士を志し来日。院生経験を経て入段を果たした。その後、リーグ入りや棋戦優勝の実績を残している。また、月刊誌での解説や講座番組の講師を務めるなど、多方面で活躍してきた。そんな楊九段の幼少時代の棋譜やトップ棋士との思い出の対局をじっくり振り返る。吉原由香里六段とのトークも興味深い。
 (毎週金曜午後6時~他放送)