ホーム > 囲碁

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

スタッフ募集

dTVチャンネル

amazon チャンネル

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第17回囲碁アマチュア竜星戦

第8回将棋アマチュア銀河戦

女流王将戦

パンダネット次の一手

囲碁トップページ

見どころ

第28期 竜星戦

番組イメージ 第28期 竜星戦

 Eブロック5回戦には金 秀俊九段が登場する。第30期 新人王戦決勝三番勝負で、井山裕太四段(当時)に勝利し、優勝を収めている金九段。その後も順調に勝ち星を重ね、昨年、九段へ昇段を果たした。目一杯に打つ力戦家として知られ、激しい戦いになることが多い。今期、3期ぶりの決勝トーナメント入りを目指す(4日)。
 Hブロック5回戦には林 漢傑八段が登場。詰碁作家としても有名な林八段。その美しい仕上がりからプロの間でも評価が高い。また、本棋戦では第21期準優勝の実績があり、再び活躍が期待される(13日)。
 Aブロック6回戦には青木喜久代八段が登場する。数々の女流タイトルを獲得してきた青木八段。6期ぶりの本戦出場で注目の存在だ(18日)。
 Bブロック6回戦には河野 臨九段が登場。河野九段は、棋聖戦、名人戦、本因坊戦のすべてのリーグに在籍しているトップ棋士の一人。早碁も強く、竜星戦では優勝2回の実績を誇る。今期、優勝を飾った第23期以来の決勝トーナメント進出を目指す(20日)。

第二十二期 ドコモ杯 女流棋聖戦

番組イメージ 第二十二期 ドコモ杯 女流棋聖戦

 佳境を迎えた女流棋聖戦本戦トーナメント。いよいよ準決勝と挑戦者決定戦、そして挑戦手合三番勝負第1局をお送りする。今期台風の目となっているのが関西総本部所属の加藤千笑初段。入段1年目にして、準決勝まで勝ち進むあたり、かなりの実力者だ。将来有望で、今後目が離せない存在となりそう。また、本棋戦と相性の良い吉原由香里六段も準決勝に勝ち進んでいる。3期ぶりの挑戦手合進出に期待がかかる。若きチャンピオン上野愛咲美女流棋聖に挑戦するのは果たして誰か!? (毎週日曜午後8時~他放送)

囲碁スペシャル「第29回 国際アマチュア・ペア碁選手権大会」

 2018年12月に開催されたペア碁の祭典「国際アマチュア・ペア碁選手権大会」。世界中からハイレベルなアマチュアが集結するペア碁トーナメントは、これまでアジア勢が歴代の優勝を占めており、2006年から韓国ペアが11連覇を達成。前大会は日本ペアが18年ぶりの優勝を飾っていた。だが、近年はヨーロッパ、北米、中南米の選手も力を付けてきており侮れない。また、同時開催のハンデ戦は様々な棋力の囲碁ファンに人気で、国際交流と共に和やかに行われた。世界中から注目を集めたイベントの模様をお送りする。
(8日午後8時~他放送)