ホーム > 囲碁

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

dTVチャンネル

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦

パンダネット次の一手

囲碁トップページ

見どころ

第27期 竜星戦

番組イメージ 第27期 竜星戦

 Eブロック7回戦には森田道博九段が登場。本戦出場21期目という大ベテランだ。過去20回の内、決勝トーナメント出場は4回。優勝経験も1回ある(第4期)。攻めを好む棋風の森田九段、今期の活躍も期待したい(2日)。
 Fブロック7回戦には結城 聡九段が登場する。結城九段は天元位や十段位の獲得経験がある関西棋院所属のトップ棋士。早い読みと高い戦闘力を武器としている。特に早碁の実績が優れていて、竜星戦では2回(第14期、第24期)、NHK杯では5回優勝している。第24期以来の優勝に向けて良いスタートが切れるか。初戦から注目が集まる(4日)。
 Cブロック8回戦には彦坂直人九段が登場する。中部総本部を牽引するベテランの彦坂九段。独創的な棋風でファンを楽しませてくれる存在で、今期はどんな碁を見せてくれるのか興味深い(23日)。
 Dブロック8回戦には清成哲也九段が登場する。関西棋院賞金ランキング上位より選出された清成九段。2度目の決勝トーナメント進出を目指す(25日)。

(生放送)第4回 日中竜星戦

番組イメージ (生放送)第4回 日中竜星戦

 日本と中国の竜星位による対局を今年も生放送でお届けする。日本代表は第26期 竜星戦で優勝した芝野虎丸竜星。史上最年少記録での優勝だったが、その後、新人王戦でも優勝し、こちらも史上最年少記録となる本因坊リーグ入りも果たしている。そんな芝野竜星の対戦相手は、世界一との呼び声もある柯潔(かけつ)中国竜星。ここ数年で国際棋戦を何度も優勝している厳しい相手だ。「日中竜星戦」では過去3回日本の勝利は無く、芝野竜星に大きな期待がかかる。
 (29日午後2時~放送)

厳選棋譜解説「第42期 新人王戦」

 様々な棋戦を取り上げ、解説している厳選棋譜解説。4、11日は、第65期王座戦 五番勝負第2、3局をお送りする。一力 遼八段が井山裕太王座の牙城を崩せるか注目されたシリーズ。柔軟な発想に加え乱戦を得意とする一力八段の仕掛けに、井山王座も最強手で応戦し激戦となった対局を振り返る。
 18日からは、国民栄誉賞を受賞した井山裕太九段が活躍した国際棋戦「第22回 LG杯朝鮮日報棋王戦」をお送りする。井山九段と中韓トップ棋士のハイレベルな戦いを振り返る。
 (毎週水曜午後6時~他放送)