ホーム > 放送番組の編集の基準

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

将棋トップページ

  • 番組紹介
  • 銀河戦
  • 女流王将戦
  • 将棋スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

スタッフ募集

PASSIONチャンレンジャー募集

囲碁 twitter

将棋 twitter

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦

パンダネット次の一手

放送番組の編集の基準

[細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法の取扱いについて]
株式会社囲碁将棋チャンネルは、放送の内容に、映像や光の点滅、特に鮮やかな赤の点滅、及びコントラストの強い画面の反転や急激な場面転換、並びに規則的なパターン模様の使用がある場合、以下の基準を十分に留意し、編集を行う。

 
  1. 映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避けるとともに、次の点に留意する。
    (1)「鮮やかな赤色」の点滅は特に慎重に扱う。
    (2)避けるべき点滅映像を判断するにあたっては、点滅が同時におこる面積が画面の1/4を超え、かつ、輝度変化が10パーセント以上の場合を基準とする。
    (3)前項(1)の条件を満たした上で、(2)に示した基準を超える場合には、点滅は1秒間に5回を限度 とし、かつ、輝度変化を20パーセント以下に抑える。加えて連続して2秒を超える使用を行わない。

  2. コントラストの強い画面の反転や、画面の輝度変化が20パーセントを超える急激な場面転換は、原則として1秒間に3回を超えて使用しない。

  3. 規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き模様、同心円模様など)が、画面の大部分を占めることも避ける。