ホーム > 囲碁 >囲碁スペシャル> ワールド碁チャンピオンシップ2018

囲碁トップページ

  • 番組紹介
  • 竜星戦
  • 中国竜星戦
  • ドコモ杯女流棋聖戦
  • 囲碁スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

囲碁 twitter

将棋 twitter

dTVチャンネル

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦

パンダネット次の一手

第28回 国際アマチュア・ペア碁選手権大会

ワールド碁チャンピオンシップ2018 放送概要

日中韓台の各国ランキング1位の棋士、韓国ランキング2位の棋士と、日本予選通過者が出場し、計6名のトーナメント戦で争う国際棋戦が17日に開幕。3日間にわたり生放送でお送りする。

日本ランキング1位の井山裕太九段は、昨年2度目の7冠制覇を成し遂げ、国民栄誉賞を受賞した日本のエース。先日行われた国際棋戦の第22回 LG杯朝鮮日報棋王戦では惜しくも準優勝に終わったが、国際棋戦での活躍に日本中の期待と注目が集まった。

日本ランキング上位4名による予選を突破し、日本代表枠を勝ち取ったのは山下敬吾九段だ。20歳の時に新人王戦で初タイトルを獲得し、その後は23ものタイトルを獲得している。国際棋戦でどこまで勝ち進むことができるのか。 今回は、井山裕太九段と前回覇者の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段はシード選手として2回戦から登場。世界最強戦の頂点に立つのは誰か。

放送日 解説 聞き手

(生放送)3月17日(土)午後1時~3時


趙 治勲名誉名人

吉原由香里六段

(生放送)3月18日(日)午後1時~3時


高尾紳路九段

大澤奈留美四段

(生放送)3月19日(月)午後1時~3時
※延長の場合あり、最大延長16時まで


小林 覚九段

星合志保二段

※2018年3月2日時点での情報です。