将棋

ホーム / 将棋 / 第71期 ALSOK杯王将戦 二次予選 挑戦者決定リーグ戦  

将棋生放送

第71期王将戦リーグメイン
第71期王将戦リーグ 豊島竜王vs広瀬九段 豊島竜王vs広瀬九段 藤井聡太二冠 対 糸谷哲郎八段 藤井聡太二冠 対 糸谷哲郎八段 豊島竜王vs糸谷哲郎八段 豊島竜王vs糸谷哲郎八段 永瀬拓矢王座vs羽生善治九段 永瀬拓矢王座vs羽生善治九段 藤井聡太二冠vs広瀬九段 藤井聡太二冠vs広瀬九段 羽生善治九段vs近藤誠也七段 羽生善治九段vs近藤誠也七段 近藤誠也七段vs糸谷哲郎八段 近藤誠也七段vs糸谷哲郎八段 豊島竜王vs羽生善治九段 豊島竜王vs羽生善治九段

王将戦は、全棋士参加の棋戦で、一次予選、二次予選のトーナメント戦と、挑戦者決定リーグ戦、七番勝負で行われます。 その中で、挑戦者決定リーグ戦は、「将棋界で最も過酷なリーグ」の異名を持ちます。 短期間で7名の棋士による総当たりのリーグ戦となり、強豪棋士ばかりが名を連ねます。トップ棋士とは言え、勝ち越すことが容易ではありません。

挑戦まで
■一次予選

各ブロックの優勝者が二次予選に進出します。一次予選通過枠は毎年異なります。

■二次予選

一次予選を勝ち上がった棋士と、前期挑戦者決定リーグ陥落者などによる棋士の合計18名による3ブロックのトーナメント戦です。各ブロックの優勝者が挑戦者決定リーグ戦に進出します。

■挑戦者決定リーグ戦

二次予選通過者3名とシード棋士4名(前期七番勝負敗者、前期挑戦者決定リーグ残留者)の合計7人で、総当たりのリーグ戦を行います。挑戦者決定リーグ戦優勝者は、王将への挑戦権を得ることができます。 同率首位の棋士が複数出た場合は、原則として挑戦者決定リーグの順位で上位2名によるプレーオフを行います。

■リーグ残留の条件

「成績上位者4名」が残留となります。勝ち星が並んだ場合は、前期挑戦者決定リーグの順位が優先されます。順位が5位の人が並んだ場合は残留者決定戦が行われます。

■七番勝負

2日制で行われ、1日目は封じ手を行います。

一次予選・二次予選・挑戦者決定リーグ 七番勝負
開催時期 1月~11月 1月
~3月
持ち時間 予選:3時間
挑戦者決定リーグ:4時間
8時間
対局開始時間 10:00 9:00
昼食休憩 12:00~12:40 12:30~
13:30
夕食休憩 なし なし


このページのトップへ