Menu

AI 竜星戦 2018

参加要件

1. 参加要件

  1. 大会への参加
    開発者のうちの最低一人は参加者として、本大会の会場へ来て、プログラムの操作をすることを原則とする。これは、本大会の目的の一つが、コンピュータ囲碁ソフトウェアの開発者が一堂に集い、情報を交換することであることから、きわめて自然な要請である。開発者のうちの最低一人は参加者として、AI竜星戦の会場へ来て、プログラムの操作をすることを原則とする。これは、AI竜星戦の目的の一つが、コンピュータ囲碁ソフトウェアの開発者が一堂に集い、情報を交換することであることから、きわめて自然な要請である。
  2. コンピュータの持ち込み
    参加者は自分でコンピュータを会場に持ち込む。コンピュータを動かすために必要な電源ケーブルなども含む。
    原則として自分で持ち込めるコンピュータであれば特に制限はない。ただし、各コンピュータが使用するワット数は参加申し込み時に報告をすること。1000Wを超える場合は事前に承認が必要となる。
  3. インターネットを用いたリモートホストの利用
    リモートホストは以下の条件のもと利用を許可する。
    1. 原則として参加者本人が現地に来ること。
    2. 参加者本人の責任でリモート操作を行うこと。
    3. 通信時間遅延などによる時間のロスは思考時間に含めること。
    4. 通信時間遅延に関して、本大会運営委員会は一切の責任を負わない。

    リモートホストの利用のために運営側が用意するインターネット接続を希望する場合には、事前に本大会運営委員会にその旨とともに理由を伝えること。事前の申請がない場合には、運営側が用意するインターネットの利用を認めない場合がある。また、リモートホストを使う場合、接続テストを大会前日に行うことを強く推奨する。

2. プログラム

  1. 参加プログラムのカテゴリ
    参加者は、カテゴリAでの参加が望ましい。ただ、大会への門戸を広げる意味で、実験的なプログラムや開発途上のためやむを得ず他者のプログラムを一部流用したい場合のみ、カテゴリBでの参加を認めるものとする。
    <カテゴリA>
    思考部はすべてオリジナルなプログラム。決勝進出を望むもの。
    <カテゴリB>
    思考部の一部を他者のプログラムの技術を流用したプログラム。予選のみの参加で、決勝進出を望まないもの。
  2. すべてのプログラムに求められる機能
    1. 連続パス2回で終了した場合、勝敗を表示すること。
    2. 通信対局規約で定める通信機能を有すること。
    3. 持ち時間を30分だけでなく、20分、15分、10分にも変更して対戦できること。
      その上で、以下のカテゴリでの参加を認めるものとする。
  3. カテゴリBによる参加
    思考部に使用することが許可された(本大会にそのコードを使用して参加して良いことを作成者が許可した)ソースコードを自由に使い、さらに明示的な独自の工夫を加えたプログラム。この場合、申込時に、使用したソースコードと加えた工夫について詳細に説明すること。
  4. カテゴリAのプログラムに求められる機能
    1. 思考部がオリジナルであるプログラム。
    2. 連続パス2回で終了した場合、双方の死に石、地、及び、勝敗を表示すること。
    3. 任意の局面から対局を再開できること。
  5. 思考部のオリジナルについて
    <思考部の定義>
    プログラムにおける思考部とは、次の一手を選択するために重要な意味を持つ部分を指す。手の選択に直接関連しない部分である、GUIや通信部分、単に合法手を生成するだけの部分はそれに当たらない。
    <オリジナルとは>
    オリジナルであるとは、開発者自身が自分の手でコードを書いたものを指す。ソースコードが公開されたプログラムやライブラリ等があるが、そのプログラムの作者本人以外がそのソースコードの思考部の全部、または一部をそのままコピーして使用した場合は、ここではそれをオリジナルとは呼ばない。また、他者の行なった機械学習によって得られた結果を流用することも、ここではオリジナルとは呼ばない。

3. 対局

  1. ネットワークを通した対局
    対局は TCP/IP ネットワークを通して行われる。通信対局に関しては「通信対局規約」を参照すること。
  2. 通信対局機能を持たないプログラム
    通信対局機能を持たないプログラムは,入力プログラム等を通して参加者が自ら入力することも可能である。 その場合,次のルールが適用される。
    参加者は,自らのプログラムが示した通りの手を打たねばならない。
    対局中に,自らのプログラムが示した以外の手を打ったことが判明した場合には即負けとする。
    手入力にかかる時間も合わせて持ち時間から引く。
    手入力のミスに関しては,その復元にかかる時間も持ち時間から引く。
  3. 対局におけるコンピュータの操作
    操作者は、対戦の途中で新たな情報をコンピュータに対して与えたり、プログラムを改訂したりしてはならない。

不明点等はこちらよりお問い合わせ下さい。