Menu

AI 竜星戦 2018

AI竜星実行委員会

大会目的

コンピュータ囲碁の世界はアルファ碁の台頭により新境地へと突入しました。囲碁界とコンピュータ囲碁の係わり単純にも「勝敗」という結果だけでなく、囲碁の可能性をより深く追及するためのパートナーとして確立した感があります。

2003年より電気通信大学「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」主催により開催されてきました「UEC杯コンピュータ囲碁大会」は、2017年3月の第10回大会をもって惜しまれつつも終了しましたが、世界に目を向けますと今や囲碁大国となった中国で同年8月に「第1回中国コンピュータ囲碁オープン戦」が行われるなど、コンピュータ囲碁の世界はますます盛んになっております。

そこで弊社では、「UEC杯コンピュータ囲碁大会」の志しを受け継ぎ、電気通信大学「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」のご協力のもと、正式な後継大会という位置づけで「AI囲碁竜星戦」としてUEC杯をリニューアル、昨年第1回大会を開催、本年2018年は12月15日(土)と12月16日(日)の2日間、日本棋院東京本院で第2回大会を開催いたします。

コンピュータ囲碁の学術分野、そして囲碁界のさらなる発展に寄与する大会として、多くの開発者のご参加をお待ち申し上げます。

2018年7月4日
大会委員長 倉元健児(株式会社囲碁将棋チャンネル代表取締役社長)

実行委員メンバー

準備中です