ホーム > 将棋 > A級順位戦リーグ最終局 将棋界の一番長い日 完全生中継 > 森内俊之九段 vs 行方尚史八段

将棋トップページ

  • 番組紹介
  • 銀河戦
  • 女流王将戦
  • 将棋スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

スタッフ募集

PASSIONチャンレンジャー募集

囲碁 twitter

将棋 twitter

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦


羽生名人インタビュー
森内俊之vs行方尚史
渡辺 明二冠vs久保利明九段
佐藤康光九段vs深浦康市九段三浦弘行九段vs阿久津主税八段A級順位戦 DATA FILE最終局のみどころ
スカパー!無料の日3/1まんがで順位戦早わかり
森内俊之九段vs行方尚史
運命の大一番
注目のポイント

 羽生善治名人への挑戦権を懸けた第73期A級順位戦もいよいよ最終決戦の時を迎えた。
 最終戦でA級1位の森内俊之九段と2位の行方尚史八段の対決となったが、今期リーグにおいて両者は見事に明暗が分かれた。行方はリーグ開幕から順調に白星を積み重ね、挑戦者争いを引っ張ってきた。そして、2月6日に行われたA級ラス前の深浦九段との一局では、相入玉となり壮絶な点数争いと化した死闘を271手の末勝利。羽生名人への挑戦者へ最も近い位置で最終局を迎えた。本局に勝利すればプレーオフ以上が確定し、更に久保九段が敗れれば名人初挑戦が即決定する。敗れてもプレーオフの可能性は残るが、ここは勢いそのままに勝利し、最高峰の舞台へ立つための弾みを付けたいところだ。
 一方、森内はリーグ出だしこそ連勝スタートしたものの、その後は思うように星を伸ばせなかった。…いや、それどころか今、降級の危機に立たされてしまっている。本局に勝利すれば残留が決まるが、自身が敗れ、かつ三浦九段が勝利するとB級1組への降級が決まってしまう。長い歴史を誇るA級順位戦の中で、前名人であった者が次期でいきなりB級1組へ降級した例は過去一度もない。更にこのままでは、今年度を竜王・名人として迎えたにもかかわらず、無冠となった末に降級というこれ以上ない屈辱的な1年へとなりかねない。まさに崖っぷちに立たされている森内、不名誉な称号を得ないためにも本局に己の全てを懸けて臨む。