ホーム > 将棋 > A級順位戦リーグ最終局 将棋界の一番長い日 完全生中継 > 三浦弘行九段 vs 広瀬章人八段

将棋トップページ

  • 番組紹介
  • 銀河戦
  • 女流王将戦
  • 将棋スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

スタッフ募集

囲碁 twitter

将棋 twitter

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦


羽生名人インタビュー
森内俊之vs行方尚史
渡辺 明二冠vs久保利明九段
佐藤康光九段vs深浦康市九段三浦弘行九段vs阿久津主税八段A級順位戦 DATA FILE最終局のみどころ
スカパー!無料の日3/1まんがで順位戦早わかり
三浦弘行九段vs広瀬章人八段A級初参加の男
注目のポイント

 降級の危機に立たされている三浦弘行九段対名人初挑戦を目指す広瀬章人八段の一戦。
 三浦は本局に敗れれば即降級、勝利しても森内九段か郷田九段の一方が敗れないと降級が決まってしまうという厳しい条件に立たされている。前期も最後まで残留争いを強いられた三浦、今期も非常に苦しい立場で最終局を迎えてしまった。しかし、三浦はこれまでも幾度となくA級順位戦で降級の危機に立たされたことがあり、その度に底力を見せ、A級残留を果たしてきた。今期も驚異の底力を発揮し、第60期の初参加以来14期守り続けてきたA級の座に踏み留まることができるか。
 一方、A級初参加にして名人初挑戦を狙える位置にいる広瀬。A級では唯一の20代であるにもかかわらず、リーグ開幕から堂々とした戦いぶりを披露し、初参加にして挑戦者争いを引っ張ってきた。年が明けてからの7・8回戦で失速してしまったものの、本局に勝利すればプレーオフ進出の可能性もある。A級初参加で名人初挑戦となれば、1996年の第54期名人戦七番勝負で森内当時八段が挑戦して以来の快挙となる。
 果たして広瀬は偉大なる兄弟子の快挙に続くことができるか!?そして残留へ向けて勝利が絶対条件の三浦の運命は!?