ホーム > 将棋 >将棋コラム イゴショー記者から見た将棋界

将棋トップページ

  • 番組紹介
  • 銀河戦
  • 女流王将戦
  • 将棋スペシャル
  • 講座一覧
  • 今週の認定問題
  • 見どころ

囲碁・将棋chとは?

視聴方法について

良くある質問

スタッフ募集

PASSIONチャンレンジャー募集

囲碁 twitter

将棋 twitter

ユーキャン 囲碁ネット

J:COM

囲碁・将棋チャンネル公式YOUTUBE

教育関係者の方へ - 学校無料視聴受付について

第15回囲碁アマチュア竜星戦

第7回将棋アマチュア銀河戦

2016.1.27

第24回 指し初め式

 人によっては正月から研究会を行う棋士・奨励会員もいますが、将棋界としての指し初め例年1月5日。今回は、多くの棋士・関係者が一堂に会する指し初め式の模様を紹介しましょう。

さわやかな青空の下、祈願祭が行われた。

 午前11時。東京・千駄ヶ谷の鳩森神社にポツポツと棋士や関係者が集まってきます。東京では、近年正月に雪が降ることはめったになく、この日もさわやかな青空。指し初め式に先立つのは「祈願祭」というイベントで、境内にある将棋堂で行われます。厳粛な空気の中、全棋士を代表して理事やタイトル保持者が将棋界の発展を祈念しました。
 祈願祭が終わると、一行はぞろぞろと将棋会館の特別対局室に移動。特別対局室をぎっしりと座布団が埋め尽くし、数十人もの人が詰め込まれます。それでも全員が一度に入ることはとてもできず、廊下にあふれ出す人も。
 さて、最初に盤前に座ったのは谷川浩司会長。対するは名人か、それとも竜王?いえいえ、谷川会長の前にちょこんと座ったのは、子どもスクールの男の子でした。思わず和む一同。

大勢の棋士・関係者が見守る。この後初手▲7八飛が指され、
対局室は笑いに包まれた。

 普段の公式戦とは異なり、穏やかな雰囲気で駒が並べられていきます。そして男の子が初手▲7八飛*を指すと、谷川会長や郷田王将をはじめとした参加者たちから、思わず笑いが起こりました。
 関東の指し初め式は、一つの将棋盤を使い、一手指したら交代というゆったりとしたムードの中行われます。座る位置にも大まかなルールがあり、上座が棋士チーム、下座が関係者チームという組み分けのようです。普通に指せば棋士チームが勝ってしまうのでしょうが、指し初め式では決着をつけないという暗黙の了解があるため、気楽に指しても問題ありません。ですが、関係者チームはやはり長考が目立つ様子。やはり大勢の前で変な手は指せないというプレッシャーがあるのでしょうか。指す手が分からない時は端歩を突くのが無難とされていますが、端歩を突くことができるのは1筋と9筋の先着2名様のみ。その2名も早々に埋まり、いよいよ後続にプレッシャーがかかります。
 苦労するのは棋士チームも同じ。それは、勝たずに長引かせなければならないため。はっきりと優勢の局面で順番が回って来た伊藤明日香女流初段は、思わず長考。「えっと、長引かせないと…」という呟きに対し、外野は「指したい手を指せばいいよ」と気楽なもの。指し初め式にしては大長考となる数十秒の考慮の後、伊藤女流初段は思い切って攻めを選択。
 結局、なんとか決着が付く前に全員が指し終えることに成功し、無事(?)指し掛けとなった指し初め式。終了後は隣の大広間へ移動し、谷川会長の乾杯により2016年の将棋界が盛大に幕を開けました。


 * 三間飛車にこだわりを持つ一部の棋士のみが好んで用いる、非常に珍しい手。



当コラムは、月に一度のペースで更新予定です。 また、皆様のご意見ご感想、取り上げてほしい題材などお待ちしております!お問い合わせメールフォームよりお送りください。
過去のコラムはこちら